空中散歩

29.待ちびと



「な、な、ななな」
 驚きのあまりどもってしまい、かえって何も言えなくなってしまった成海に、晃星はいつもと同じ──絶対にわざとでしょうと腹立たしくなるくらいにいつもと同じ、ニコッとした笑顔を向けてきた。
「や、なるちゃん、久しぶり」
「あ……」
 朝、別れたばっかりじゃないですか! と危うく突っ込みそうになって、寸でのところで踏みとどまった。自分たちの近くには園加だけでなく、その知り合いの女の子、さらに周囲には、それとなくこちらに注目している生徒たちがたくさんいるのだ。そんなことを聞かれたら絶対に誤解される。いや半分くらいは誤解じゃないのだが間違った想像をされる。その想像は少しは間違っていないこともないが大部分は違う。ああ自分でも何がなんだかわからなくなってきた……!
「成海、この人……」
 混乱した成海がぐるんぐるんと目と頭を廻らせている間、園加は園加で、じろじろと晃星を上から下までじっくり観察し、突然現れたこの人物が誰かということについて考えていたらしい。
 少しの間を置いて、ああ! というように、ぽんと手の平に拳を打ちつけた。
「ネックレスの贈り主でしょ!」
 園ちゃんーーー!
 成海だって、今さら園加に晃星のことを隠すつもりはない。求められれば説明だってする。しかしなにも今この場で、そんなことをそんな大きな声で言わなくても。周りにいる子たちが、一斉に、ええー、と目と口を開けているではないか。
 かあっと全身が赤くなった。友人のこの堂々としたところ、羨ましいとは思ったが、今はあんまり羨ましくない。というよりものすごく居たたまれない。無理です、恥ずかしいです、もう耐えられません。
 というわけで成海はその場から逃亡を図ったが、晃星と園加の両方に進路を阻まれて失敗した。あちらへ行こうとすれば晃星、こちらへ行こうとすれば園加だ。あの、ねえ、二人とも、どうしてわざわざ、そんな風にブロックするようにして立ってるの?
「君はなるちゃんの友達かな?」
「まあ、そう」
 二人は成海のことを逃がしてくれなかったが、パニックになりかけている成海を気にする様子もなく、勝手にのんびりと会話を続けていた。周りの注目を浴びているのも、あちこちでヒソヒソ話を交わされているのも、気づいているだろうにお構いなしだ。
「俺のこと、聞いてるんだね。そりゃ話が早くていい」
「学校にまで迎えに来るほど進んでるとは知らなかったけど」
 園加は肩を竦めてそう言ってから、成海のほうを振り向いた。
「なんだ成海、それなら上田のことだって彼氏に頼めばよかったんじゃないの? そっちのほうがよっぽど話が早かったし、いろいろとメンドウなことにもならずに済んだじゃん。あのアホのためにあんなに悩まなくてもよかったのにさ」
「上田?」
 園加のあっけらかんとした言葉に、晃星が首を傾げる。成海はさらに動転してうろたえた。
 晃星には見えないように、こっそり自分の唇に人差し指を当て、園加に向かって必死にアピールする。
 言っちゃダメだよ、園ちゃん!
「面倒なことってなに?」
「……あー……」
 成海の懸命なボディランゲージに視線をやりながら、園加が曖昧な声を出した。うん、そうそう、なんとか上手いこと誤魔化して……
「成海が、『それについては言っちゃダメ』 だってさ」
 園ちゃんの裏切り者ーー!!
「…………。へえー、そう」
 晃星がにこやかに笑って、短く返事をした。薄っすらとした笑みを貼り付けたまま、その場に倒れそうになっている成海をちらっと見て、再び園加のほうを向く。
「えーと、君……」
「園加」
「園加ちゃんね。これから予定ある? よかったら三人でお茶でもしない?」
 えええーー!!
「いえ、あの、園ちゃんはこれから用事が。ね?」
 それはまずい。非常によろしくない予感がする。というか、現在の晃星と和やかにお茶を飲める気がまったくしない。成海は大いに焦ってわたわたと手を振り、ね? ね? と縋るように園加の顔を覗き込んだが、
「なんで? 用事なんてないけど。すげえヒマ。彼氏の奢りでしょ?」
 すげなく無視された。
「もちろん。好きなものをどうぞ」
「あたしファミレスの甘いやつ食べたい。期間限定の」
「あー、それって、よく店の外に幟が出てるような」
「そうそう。今だともう栗とかは終わってんだっけ? なんだろ、イチゴ?」
「俺はそういうのよく知らないけど。でも、イチゴのスイーツなんてフルシーズンであるんじゃないの?」
「種類が増えんのよ。パフェとかケーキとかクレープとか」
「へえー。やっぱり女の子ってそういうの好きなんだな。ま、いいや、ファミレスね、どこにあるかな」
「ここのすぐ近くにさあ……」
 どんどん話を決めていく晃星と園加は、成海の意見を耳に入れるつもりはこれっぽっちもないらしい。
 成海は鞄を胸に抱えて、じりっと後ずさった。
「……え、と、じゃあ、私はここで失礼するので、お二人でどうぞごゆっくり」
「あはは、なに言ってんのかな、なるちゃんは」
「もちろんあんたも行くのよ、成海」
 右手をニコニコした晃星に、左手を無表情の園加に、がしっと掴まれた。二人とも、表情のわりに掴む力はけっこう本気で、逃げられない。
「三人で仲良く話をしよう。ね?」
 優しげな声なのに、強要だ。
「…………」
 そうしてずるずると二人に引きずられるようにして連行される成海の姿が、周囲の生徒たちからはどう見えて、どう思われたのかは、定かではない。
 とりあえず、「異性が学校にまで迎えに来た」 という時に通常あるような、冷やかすような声も、からかい混じりの言葉も、笑いを含んだ視線も、投げられずには済んだ。
 でもその代わり、「……ストーカー?」 「借金取りじゃない?」 と、こそこそと囁き合う声が背後から聞こえた。
 うううーん……。


          ***


 ──結局、園加は呆気ないくらいあっさり、担任の上田と成海の間にあったあれこれと、征司が保護者の代わりとして学校にやって来た成り行きとを、すべて晃星にぶちまけてしまった。
「ふうーん……」
 気のせいか、いや断じて気のせいではなく、返事をする晃星の声音は、普段の一オクターブくらい低い。
 園加は喋るだけ喋ってしまうと、運ばれてきた苺のクレープバニラアイス添えにふふふーんと鼻歌交じりで舌鼓を打っている。しかし成海は、目の前にある苺パフェに手をつけることも出来ず、ひたすら小さくなるしかなかった。
「どれもこれも初耳だなあ」
 でしょうね、言いませんでしたからね……。
「このクレープ美味しいよ。少しあげようか、成海」
 園ちゃん、この状況を楽しんでない?
「それより自分のパフェを食べなよ、なるちゃん。またアイスが溶けちゃったら大変でしょ」
 じゃあ、その怖い笑顔をやめてもらえませんか。
「……いただきます……」
 なるべく晃星のほうは見ないようにしてスプーンを手に取り、苺ソースがトロリとかかった生クリームを掬って、ぱくっと口に入れた。ふわりとした軽さと甘さが口腔内に広がる。こんな場合だが、やっぱり美味しいものは美味しい。
 もぐもぐと黙って食べる成海を見て、向かいの座席に座る晃星が少しだけ苦笑を漏らした。
「でも、まあ、その話でやっと全体像が掴めたよ。そういう流れがあったとはね……いろいろと動きが唐突すぎるなとは思ってたんだけど……」
 独り言のように呟いて、すぐ横にある窓に顔を向ける。
 成海がちらりと目を上げると、下ろされたブラインドの隙間から入る夕日の赤色が、晃星の横顔に縞模様を映し出していた。
 何かを考えているのか、笑みを消した彼の表情は、いつもよりもずっと大人の男性のそれに見える。
 ……こういうこと、以前にもあったな、と思った。
 そうだ、はじめて晃星と会った日の夜だ。こうしてファミレスで向かい合って、成海はやっぱりパフェを食べたんだっけ。晃星はこんな風に何かを考えるように、窓から外の闇を眺めていて……
 同じようなその顔を見て、今、成海が思うのはその時とは少し違う。

 ──晃星の目には、どんな景色が見えているのだろう。

「とにかく、園加ちゃんの力を借りて、担任のほうの問題は解決したと。それで、バイトのほうはどうしたの?」
 晃星がこちらを向いて、成海に質問をしてきたところで、我に返った。いつの間にか、スプーンを動かす手も止めて、彼に見入っていたらしい。
「あ、今日、電話をして辞めさせてもらいました」
「そう」
 心なしか、晃星の目に安堵の色が浮かんだ。笙子のことで、いろいろと心配してくれていたのかもしれない。
「で、バイトを辞めて、これからどうすんのよ」
 あっという間にクレープを食べ終えた隣の園加が、グラスの水をごくんと飲みながら訊ねてきた。成海はスプーンを置き、うーん、と少し考える。
「とりあえず、新しいバイトを探すつもりでいるよ」
 どういうところで働くかはまだ全然決めていないのだが、短い期間とはいえ征司の店でバイトをした経験が、多少は役立てられるようなところが見つかるといいなと思っている。まずは求人情報誌を見て、検討するところからはじめてみようか。
「もうしばらくしたら冬休みだから、いくつかバイトを掛け持ちすることも出来るかもしれないし……」
 そう言ったら、園加に、はあー? という呆れきった顔をされた。
「掛け持ちい? ってか、あんた、適当に手を抜くってこと知らないじゃん。あっちもこっちも真面目にやろうとして、ぶっ倒れるのが今から目に見えんだけど」
「そんなことない……よ、多分」
 自信満々にそんなことないと言い切れないあたり、成海も少しは自分のことを知っている。
 園加は手にしたグラスをテーブルにごとんと乱暴に戻して、「いーや、ある」 と身を乗り出して詰め寄った。
「大体ねえ、カフェのバイトだって、あんたが辞める必要なんてなかったのよ。常陸さんとその彼女が揉めたなんて話は、本人たちだけの問題でしょ。要するにお互いの信頼が足りないからそうなるのであって、別にあんたに責任があるわけじゃなし」
 それはちょっと厳しいのではないかな、と成海は思う。園加は、征司が正式な後見人云々という話を言い出したのを知らないから、そういう意見になってしまうのだろう。誰だって、恋人がいきなりそんなことを言いだしたら、困惑が大きいに決まっている。
 成海という異分子が入らなければ、二人は何事もなくずっと平和でいられたのだ。あのカフェで、幸せそうに笑い合っていられたはず。責任は自分にあると、成海はやっぱり今でもそう思っている。
「まあ、俺もそれには半分同意だね。困惑が生じるのはともかく、それが疑問に変わり、疑問が敵意に変わる、ってのは、それだけいろいろと足りないものがあるからだ。誰もがそういうコースを辿るわけじゃない」
 晃星までが、コーヒーカップを口元に寄せながら素っ気なく言った。その声はどこか冷淡さを帯びていて、成海は自分が責められたわけではないのに、なんとなく身を縮めてしまう。
「あの……この話はやめませんか。もう終わったことだし」
 そう提案してみたが、園加は憤然としたままだ。
「まったくお人好しなんだから。バイト探すっつっても、あの店のような条件のとこ見つけるのは、そんなに楽じゃないでしょ。ましてや慣れないもんを、いくつも掛け持ちなんてさ」
「うーん、でも」
「これじゃ、成海が一人で貧乏くじ引いてるみたいなもんじゃんよ。上田だって、これから成海に無理難題を吹っ掛けることはしなくなっても、就職の話を持ってくるのかどうかは怪しいし。あんたばっかりが苦労することないっつーのよ。ハラ立つ。あんたももっと怒れ! 八神さんもさあ、なんか言ってやりなさいよ」
 園加の言葉に、晃星がカップを口から離して、成海にちらりと目をやり、ちょっと笑った。
「や、でも、それがなるちゃんだからな。一途で頑固で、素直なのに意外と言い出したら聞かないし、大人しいかと思えばけっこう一人で動いちゃうし。懐の中に入れておこうとしても勝手に飛びだしていっちゃうから、しょうがない、こっちは、大丈夫かな危ないことしないかな、ってハラハラしながら後ろから見てることくらいしか出来ないんだよ。俺はもう大分諦めた」
「そんなことないですよ……」
 成海は少し頬を膨らませて、不満げな声を出した。釈然としない。確かに頑固な部分はあるかもしれないが、そんな鉄砲玉のような性格ではないはずだ。
「それにさ」
 晃星は成海の異議申し立てには構わず、園加のほうを向いて続けた。
「それに、なるちゃんは別に、貧乏くじ引いてるわけじゃないと思うし。君みたいに、彼女を大事にして、心配してくれる友人がいるんだから。なるちゃんは、人生において、得難い宝と幸運をちゃんと手に入れてる。俺はそう思うけど」
「…………」
 園加がぱっと赤くなった。
 この友人がこんな顔をするところはなかなかお目にかかれないので、成海はわあ、と心から感心した。晃星はやっぱりすごい。
 しかし園加の場合、赤くなったその顔を、成海のように隠すことはしなかった。むしろ怒ったように眉を上げて、ふん、と鼻で大きく息をした。
「成海、あんたの彼氏、すげえ気障!」
「え、今の? そんなことないよ、晃星くんはいつもは、もっとものすごく気障なこと言うよ」
「ちょっと待ってなるちゃん、それ真顔で言うこと? ていうか俺のことそんな風に思ってたの? けっこーショックなんだけど」
「バッカじゃないの。付き合ってらんない。あたし帰るわ」
 けっ、というように吐き捨てて、園加が鞄を手に取り、席から立ち上がる。
 口元を思いきりへの字に引き結んでいるその顔を見て、晃星が可笑しそうに顎の下を指先で撫でた。
「……わかりやすい照れ方。なるちゃんの友達って、面白いね」
「園ちゃんは可愛いツンデレさんなので……あいた」
 鞄で殴られた。
「ごちそーさま!」
 荒っぽく言って、園加はずんずんと大股で店から出て行った。
 その後ろ姿を見送ってから、二人で顔を見合わせる。
 晃星が目元を緩ませ、微笑んだ。
「いい友達だね」
「はい!」
 成海はにっこりして答え、胸を張った。


 それからしばらく、晃星はカップの取っ手に指をかけたまま動きを止め、黙り込んだ。
 口を噤んでしまうと、今まで耳に入ってこなかったBGMと他の客たちの笑いさざめく声が、ゆるゆると店の中に流れていることに気がついた。テーブルとテーブルの間に余裕があり、他の客との距離が離れているからか、ざわざわとはしているけれど、ゆったりとした静けさも漂う不思議な空間だ。
「……あのさ、なるちゃん」
 その穏やかな空気を乱さない抑えた口調で、晃星が口を開いた。
「はい?」
 返事をしたが、彼の視線はカップの中に少し残った褐色の液体のほうに注がれている。
 少ししてから、ぼそりと言葉を落とした。
「俺、しばらく、こっちとあっちを行ったり来たりすることになると思う」
「あっち?」
 成海の問いに、晃星はまた口を閉じた。
 取っ手にかかっていた指が離れ、今度はテーブルをとんと叩き、
「──しなきゃいけないことが残ってるところ」
 と呟くように言う。
「厄介な問題を置き去りにして一旦こっちに戻ってきたから、またそれを片付けに行かないといけない。本当に片がつくかどうかも判らないけど、やれるだけのことはやろうと思ってる。とりあえず今の時点で打てるだけの手は打ったから、それがどういう結果に繋がるかでまた次を考えないと」
 そう続ける晃星の顔つきは、ひどく難しいものになっていた。とん、ともうひとつ、指がテーブルを弾く。
 厄介な問題とはどんなものか判らないのだが、解決するには相当な困難を伴うものであるらしい、というくらいの想像は成海にもついた。そして同時に、晃星が今日、学校まで来たのは、これを言うためだったのか、と納得した。
 電話ででも言えることなのに。電話なら、言いたくないことをいくらだって誤魔化して切ってしまうことも出来るのに。
 晃星は、成海と直接顔を合わせて告げることを選んだのだ。
「ごめん。なるちゃんが今、大変な時だってのは判ってるんだけど」
 琥珀色の瞳に覗き込まれて、成海はちょっと笑って首を横に振る。
「大丈夫です」
 無理をして笑ったわけではなかった。心配させないようにと思ってその言葉を口にしたわけでもない。晃星は成海から視線を外さず、指の動きをぴたりと止めた。
「俺も、君から目を離したくないのは山々なんだ」
「子供じゃないんですから」
「子供じゃないから心配なんだよ。俺がいない間、無茶なことしない?」
「私、無茶なことなんてしたことないです」
「ウソばっかり……」
 晃星が苦々しい顔で唸った。
 それから、ふーっ、と大きな息を吐きだした。
「……俺ってさ」
 少し下を向き、小さな声で言う。笑みはないが、いつもの近寄り難さは感じない。さっきまでの大人びた表情でもない。どちらかというと、むくれた子供のような顔だった。
「基本、人は人、自分は自分、って割り切って考えるタイプなんだよね。ほとんど相手に踏み込むこともしないし、自分の感情と他人の感情とはまったく別のもんだと思ってるから、重ねたり合わせたりすることももしない。大体、自分のテリトリーの中に誰かを入れるのが、根本的に好きじゃない。どんなに親しくしててもそうだから、冷たいだとかドライだとかよく言われる。嫌いなやつには最初から関わらないし、好きなやつに対しても、常に理性っていう名の透明な壁を通して見る癖が染みついてる。ずっと、そうだった」
 淡々と言葉を紡ぎながら、テーブルに置いていた手で頬杖を突いた。掌に乗せた顔をこちらに向けて、むっとしたように口を曲げる。
「だからさ」
 一瞬、目を逸らした。
「だから、いつも君の心配をしてることに気がついた時、俺は観念したんだよ」
「……はい?」
 成海が首を傾げると、晃星はますますふてくされた顔つきになった。
「いつの間にか俺は、何をしでかすかわかんない君が、うっかり道を踏み外して転がり落ちないように、ずっとハラハラしながら追っかけてる、ってこと。それに気づいて、あーもうダメだこれはしっかり捕まえとかないとおちおち安心してられない、って思ったんだ。負けを認めるようですげえ不本意。不本意だけど、しょうがない。……だからさ、なるちゃん」
「はい」
 いきなり呼びかけられてきょとんとする。話の流れが今ひとつ呑み込めないのは、成海が鈍いからなのだろうか。さっきから 「だから」 を繰り返しているけれど、その前後の言葉の何が理由で何が結論になっているのか、よく判らない。
 晃星がまっすぐこちらを向き、一拍置いて、真面目な声で言った。
「俺のこと、待っててくれる?」
「……え」
「これ以上君に待つのを強いるのは酷なことだと思う。思うけど」
 頬杖をしていた手が離れ、差し出すようにこちらに向かってきた。
「──誠だけじゃなくて、俺のことも、待ってて」
「…………」
 ひとつ瞬きをしてから、ほとんど迷わずに、成海はその掌に自分の手を乗せた。
 受け止めてくれる大きな手は、さらりとして、少しごつごつしていて、温かい。素直に微笑んだ。
「私、言いましたよ。待ちますって」
 それは、晃星の説明を待つ、という意味だけではない。
 乗せた手がぎゅっと握られた。晃星が成海をじっと見つめたまま、静かに問いかける。
「また大事な時に傍にいられないかも。それでもいい?」
「はい」
「圏外の場所だから、電話も通じないことが多くなるし」
「圏外……」
 病院とか? 飛行機とか? あとは……山の中、とか?
「じゃあ、メールします。読めたら読んで、返信できたら返信してください」
 そう言ったら、晃星がまた口を曲げた。拗ねた子供みたいだ。
「……もうちょっと、ワガママなこと言ってくれない? あれしなきゃイヤだとか、これしてくれなきゃ許さないとか」
「うーん……」
 それは案外難しい。
 ワガママなことか……と考えて、ひとつ思い当たった。
「じゃあ」
 頬が染まった。手を引っ込めようとしたが、強く握られていて無理だった。仕方なくそのまま、視線だけを余所に向ける。
「……こっちに戻る時には、必ず一度は、『私のところに』 帰ってきて、元気な顔を見せてください」
 その途端、晃星がテーブルに突っ伏したので、成海はびっくりした。
「え、どうし」
「……すっげえ殺し文句……」
 栗色の髪の間に覗く耳が赤くなっていた。



BACK   TOP   NEXT

Copyright (c) はな  All rights reserved.