戦国の世、瀬戸内海にある羽衣島。
島で海賊の頭を務めている十八歳の千早は、ある日、流れ着いた娘と出会った。
娘は、声も記憶も失っていたが、自分の居場所を得ようと、懸命に模索を続けた。
お互いにすれ違いながら、次第に惹かれ合っていくが……。

*作中に出てくる島の名・人物名は架空のものです。


2012.12.20  完結済


第一話 千早 (1) 流されてきた娘
第二話 ひな (1) 最初の一夜
第三話 千早 (2) お嬢さん
第四話 ひな (2) 島の頭
第五話 千早 (3) 五平
第六話 ひな (3) 箱の中の置物
第七話 千早 (4) 炭の魚
第八話 ひな (4) 足の下の地面
第九話 千早 (5) 自立
第十話 ひな (5) 悪夢
第十一話 千早 (6) 掴む手
第十二話 ひな (6) 崖の上で
第十三話 千早 (7) 重なる足音
第十四話 ひな (7) 十野
第十五話 千早 (8) 七夜
第十六話 ひな (8) 五平 2
第十七話 千早 (9) 焦り
第十八話 ひな (9) 基盤
第十九話 千早 (10) 空の小鳥
第二十話 ひな (10) 名を呼ぶ
第二十一話 千早 (11) 不知火島
第二十二話 ひな (11) 本島にて 1
第二十三話 千早 (12) 本島にて 2
第二十四話 ひな (12) 本島にて 3
第二十五話 千早 (13) 羽衣
第二十六話 ひな (13) 悪夢 2
第二十七話 千早 (14) 三左
第二十八話 ひな (14) 温かい場所
第二十九話 千早 (15) 立ち止まる
第三十話 ひな (15) 決意
第三十一話 千早 (16) 素性
第三十二話 ひな (16) 幼馴染
第三十三話 千早 (17) 願い
第三十四話 ひな (17) 恋心
第三十五話 千早 (18) 未来の形
第三十六話 ひな (18) 覚醒 (PG12) 
第三十七話 千早 (19) もう一度
第三十八話 ひな (19) 背中 
第三十九話 千早 (20) 二人目の漂着者
第四十話 ひな (20) 亀裂
第四十一話 千早 (21) 彼女の嘘   
第四十二話 ひな (21) 過去の出来事
第四十三話 千早 (22) 前へ進む力
第四十四話 ひな (22) 信頼
第四十五話 千早 (23) 選択   
第四十六話 ひな (23) くちづけ
第四十七話 千早 (24) 襲名 
第四十八話 ひな (24) 異端 
第四十九話 千早 (25) 心のありか
第五十話 ひな (25) 緋の轍 1
第五十一話 千早 (26) 緋の轍 2
第五十二話 ひな (26) 緋の轍 3
第五十三話 千早 (27) 契り (PG12)
第五十四話 ひな (27) この先 (PG12)
第五十五話 千早 (28) 急転
第五十六話 ひな (28) 訣別
第五十七話 千早 (29) 居場所
第五十八話 ひな (29) 手にするもの
第五十九話 千早 (30) 発現
第六十話 ひな (30) はじまり
最終話 ちどり   




[番外編]


三左・七夜・コハクの 「その後」 の話。第六十話以降、最終話より前です。
全体的にPG12。




番外編一 三左 野に咲く花
番外編二 七夜 流れる雲の民
番外編三 コハク 朧月の光



INDEX



    




おもな登場人物
千早(ちはや)
羽衣島の頭の息子。父親が病身のため、現在は頭代理。
ひな(緋名) 島に流されてきた娘。声と記憶を失っている。
三左(さんさ) 千早が一番信頼している部下。
八重(やえ) ひなの面倒を見ている気のいい女性。
千船(ちふね) 千早の父親。島の本来の頭。
一太・二太・三太 八重の息子達。上から十二歳、八歳、七歳。
五平(ごへい) 怠惰で女好きな島の嫌われ者。
十野(とおの) 千早の幼馴染の娘。お喋りで、早口。
七夜(ななよ) 島の情報屋。顔がいいのが自慢。
蜘蛛(くも) 不知火(しらぬい)島の頭。千早に左腕を斬り落とされた。
コハク 島に流されてきた男の子。